サイトマップ
     
240院から厳選!
インプラント治療の名医がいる
札幌の歯科医院4選

札幌インプラント・
矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野 宏一 院長
国際審美学会OAM先進インプラント指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

電話番号:011-520-3123

GDH
インプラントオフィス札幌

GDHインプラントオフィス札幌_キャプチャ

越前谷 澄典 院長
ICOI(国際口腔インプラント学会)指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

電話番号:011-251-8888

よしたに歯科医院

よしたに歯科医院_キャプチャ

吉谷 正純 院長
日本口腔インプラント学会指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

電話番号:011-615-7891

和田歯科クリニック

和田歯科クリニック_キャプチャ

和田 義行 院長
日本口腔インプラント学会指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

電話番号:011-593-8211

【選定基準】当サイト内に掲載されている札幌市にあるクリニックから、国内外インプラント学会の指導医資格を保有しており、公式サイト上でインプラント治療についての情報が掲載されている4院。
当サイトでは、国内外インプラント学会の指導医資格を持っている医師を名医と定義。札幌市では7名の医師が該当します(2021年10月調査時点)。
※日本口腔インプラント学会 指導医:5名、ICOI(国際口腔インプラント学会)指導医:1名、国際審美学会OAM先進インプラント指導医:1名
当サイトにおける名医表記はあくまで、当サイトが定めた定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

インプラント治療は痛いの?

公開日: |更新日:

このページでは「インプラント治療は痛いのか?痛くないのか?」について説明しています。それに関連して、麻酔の種類や歯科医院での工夫などを合わせてまとめました。インプラント治療を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療は痛い?

痛みが全くないわけではないですが、医療の発展により痛みを和らげる取り組みがなされています。

痛そうなイメージ

インプラント治療に対して「こわい」「すごく痛そう」「かなり不安」といったイメージを強く持っている人も多いのではないでしょうか。確かに、顎の骨に穴をあけて人工歯を差し込むわけですから、痛そうだと思うのはごく自然なことです。手術にも大がかかりな外科的処置をともないます。けれども、手術中は麻酔が効いている状態で行われるもの。そのため、実際に感じる痛みはほとんどありません。

不安が残る場合は

いくら「麻酔がきいているから」とはいっても、「手術中に麻酔が切れたらどうしよう」「麻酔が効きにくい体質だと言われたことがある」などの不安は残るかもしれません。そんな場合は、心から納得がいくまでカウンセリンを受ける、あるいは担当の歯科医師にすべての不安や疑問について相談しましょう。

最終的に手術を決めるのはアナタ次第なので、相談したからと言って無理に治療する必要はありません。なので、相談した上でやはり恐怖が勝る場合は、手術を一度諦める。納得して心理的な問題が解消されたなら受けてみると、相談をしたうえでゆっくり決めていいのです。

麻酔の種類もさまざま

インプラントを埋め込むには、1本あたり20~30分の時間がかかるため、本数により手術時間は異なります。また、奥歯は麻酔が効きにくい部位という特徴があります。このように、麻酔を扱う際には留意すべき点が多いのですが、麻酔医や医師はもちろんそれらを把握した上で手術を行います。もし手術中に麻酔の効力が弱まってしまったら、臨機応変に麻酔薬の追加などして対応するのが普通です。ですから、手術中に長時間激しい痛みにさらされるような状況はよほどのことがない限りありえません。

また、インプラント治療では、「静脈内鎮静法」を用いた手術も可能です。この方法は、手術中の痛みを抑える効果だけでなく、恐怖心や不安を抑える鎮静効果もあるため、半分寝ているようなウトウトした状態のまま手術が終了します。手術に対する不安が、強い患者さんに用いられるようです。

痛くないインプラント治療への取り組み

痛みをできる限り抑えたインプラント治療を行うために、さまざまな工夫がされています。より安全でより痛みの少ない手術を行うために、専門の麻酔医のサポート体制を整える歯科医院も少なくありません。また、麻酔薬を人肌にあたためておいたり、通常よりも細い注射針を使用するなどして、麻酔の効き目を良くさせる方法を採用しているところ増えています。

インプラント治療中は痛みを感じづらい

インプラント治療は、数ある歯科治療の中では、比較的歴史の浅い治療方法です。やや大がかりな外科的処置が必要となることもあり「痛そうだし不安だし…」と腰がひけてしまうのも無理はないでしょう。けれども、ご紹介してきたように、複数種類の麻酔方法や、その他痛みを軽減するためのさまざまな方法も採用されています。

そのため、麻酔の効かない体質でない限り、実際は抜歯などと同様に、麻酔薬を注入するための注射がほんの少しチクッとするだけで、あとはほとんど痛みを感じずに済みます。

タップリと時間をかけるカウンセリングや、セカンドオピニオンに対応している医院も多いので、「興味あるけど、不安も大きい」という方は、相談だけでもしてみると納得した決断ができるはずです。

関連ページ

当サイトが定める「名医」の定義について
当サイトでは、国内外インプラント学会の指導医資格を持っている医師を名医と定義。札幌市では7名の医師が該当します(2021年10月調査時点)。
※日本口腔インプラント学会 指導医:5名、ICOI(国際口腔インプラント学会)指導医:1名、国際審美学会OAM先進インプラント指導医:1名
当サイトにおける名医表記はあくまで、当サイトが定めた定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。
札幌市にあるインプラント歯科一覧
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
はじめてのインプラントQ&A
【PR】インプラントができないと診断された方必見!医師が教える専門技術
運営者情報