サイトマップ
200院から厳選!
インプラント治療の名医がいる
札幌の歯科医院4選

札幌インプラント・
矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野 宏一 院長
国際審美学会OAM先進インプラント指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

よしたに歯科医院

よしたに歯科医院_キャプチャ

吉谷 正純 院長
日本口腔インプラント学会指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

和田歯科クリニック

和田歯科クリニック_キャプチャ

和田 義行 院長
日本口腔インプラント学会指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

スマイルオフィス
デンタルクリニック

スマイルオフィスデンタルクリニック_キャプチャ

越前谷 澄典 院長
ICOI(国際口腔インプラント学会)指導医

公式サイトで
名医について詳しく見る

※このサイトにおける名医表記はあくまで、当サイトが定めた定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

札幌のインプラント歯科おすすめガイド_TOP » 【PR】インプラントができないと診断された方必見!医師が教える専門技術
 

【PR】インプラントができないと診断された方必見!医師が教える専門技術

インプラントが受けられない理由の多くは骨が薄い・足りないこと

歯を失った方のための治療法として、今や一般的となったインプラント治療。しかし、顎や骨の状態次第ではインプラント治療を受けられないと診断されてしまうという話もよく聞きますね。

インプラントを受けられない理由の多くは、顎の骨が薄かったり足りなかったりするものです。

失った歯の代わりにインプラントを埋め込むため、土台となる顎がしっかりしていないと治療ができないのです。

では、顎の骨が薄い、少ない方はインプラント治療を諦めなければならないのか?と言えばそうではありません。

ここでは、「骨が薄くインプラントができない」と診断されてしまった方のために、実際に骨の薄い方に向けた治療を行っている「札幌インプラント矯正デンタルクリニック」の玉野 宏一院長にお話を伺いながら紹介していきます。

玉野 宏一院長(国際審美学会OAM先進インプラント指導医)

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック 玉野 宏一医師

画像引用元:札幌インプラント・矯正デンタルクリニック(https://sapporo-implant.com/outline/)

北海道で唯一(※)の国際審美学会OAM先進インプラント指導医の資格を持つ玉野 宏一院長。ドリルを使わず身体への負担の少ないOAMインプラント治療を得意としているドクターです。

OAMインプラントをはじめ、GBR(骨再生誘導法)やソケットリフト、サイナスリフトなど、骨が薄い・少ない方に向けた治療法を行なっています。他の歯科医院でインプラント治療を断られた方の相談も積極的に受けています。

※2021年3月時点
情報参照元:国際審美学会「OAM(大口式)友の会」(http://oam-tomonokai.jp/dentist/)

所属学会・認定・資格
  • 北海道大学歯学部卒業
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 日本歯科審美学会 会員
  • 日本成人矯正歯科学会 会員
  • 国際審美学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会 会員
  • 日本先進インプラント医療学会 認定医、評議員
  • OAMインプラント 指導医(公認インストラクター)
  • インビザライン ドクター
  • AO Member
  • AAID Associate Fellow(アメリカインプラント学会専門医)

薄くなってしまった骨は再生することでインプラント治療が可能!

具体的な治療法を紹介する前に、顎の骨が薄くなったり足りなくなってしまう原因を解説させていただきます。

もともと顎の骨が薄い方もいらっしゃいますが、一番多い原因は歯が抜けてから時間が経過してしまっていることです。

歯が抜けた状態を放っておくと、歯を支えていた骨(歯槽骨)の役割がなくなってしまいます。退化するといった表現がわかりやすいかと思いますが、役割を失った骨は次第に減少していってしまうのです。専門的な用語では骨吸収と言います。

歯が抜けてから時間が経過すればするほど、骨は薄く少なくなっていくのです。

そのため、歯を支えていた骨を再生することが有効となります。

それでは、札幌インプラント矯正デンタルクリニックで実際に行っている治療法を紹介していきます。

GBR(骨再生誘導法)

骨が足りない部分を特殊な膜で覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになる骨充填材を詰めて、骨の再生を促す治療法です。

インプラントを埋め込む際に、十分な骨の厚みや幅がない場合に用いられる治療法となります。

GBR法を行うことで、インプラント治療を行うための骨が足りないと診断された方でも治療が可能になるケースが増加しています。

また、抜歯後すぐに行うインプラント治療の際にもこの治療法が応用されています。

GBR治療の流れ

引用元:札幌インプラント・矯正デンタルクリニック(https://sapporo-implant.com/implant/)

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎洞という上あごにある空洞を押し上げる治療法です。

上顎洞は上あごの奥歯部分の骨の中にあり、インプラントはこの空洞の下にある骨に埋め込みます。この骨が薄くなってしまった方に対して行われる治療法です。

ソケットリフトの流れ1

インプラントを埋入する位置に骨を約1mm残し、穴を開けます。専用の器具(オステオトーム)で槌打し骨を抜きます。

上顎洞の下にある骨を専用の器具で押し上げ、骨補填材を注入してインプラントを埋め込みます。

ソケットリフトの流れ2

器具で骨を押し上げ粘膜を挙上、骨移植材注入し、インプラントを埋入して完了です。

引用元:札幌インプラント・矯正デンタルクリニック(https://sapporo-implant.com/implant/)

サイナスリフト

ソケットリフトと同様に上顎洞を押し上げる治療法ですが、骨が極端に少ない等ソケットリフトでは対応できない際に使用されます。

上顎洞の横の歯ぐきをめくり、上顎洞を直接持ち上げ、そのスペースに人工の骨補填材を入れることでインプラント埋入に必要な骨を確保します。

サイナスリフトの流れ1

可能な2つの部分のうち1つの仮の開口部から行います。

下からアプローチする方法をソケットリフト、横からアプローチする方法をサイナスリフトと呼びます。

サイナスリフトの流れ2

器具により上顎洞粘膜を元の位置に戻し変え、代用骨の埋め込み空間を作り出します。

サイナスリフトの流れ3

歯科インプラントの埋入を十分に支えるだけの骨が確保されます。

サイナスリフトの流れ4

時間とともにインプラント代用骨は治癒していき、強固に結合し、置き換える歯のための安定した基盤を作り出します。

引用元:札幌インプラント・矯正デンタルクリニック(https://sapporo-implant.com/implant/)

CGF再生療法

骨補填材ではなく、患者さん自身の血液から採取した血小板や成長因子を使用した治療法です。

インプラントの手術前に患者さんの血液を採取し、血小板濃縮フィブリンゲルを作ります。

添加物を一切用いない、自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲル(骨誘導に大きく作用するゲル素材)です。

自己血液のため、感染症のリスクがほとんどないのが一番の特徴です。

また、インプラント手術時の傷の治りを促進したり、骨や歯周組織の再生・回復を早める効果も期待できます。

OAMインプラント

ここまで紹介してきた治療法は骨を再生する方法でしたが、そこまで骨が少なくないという方でも受けられる治療法がOAMインプラントです。

通常のインプラント手術はドリルを使い骨を削りながら穴をあけますが、OAMインプラントではドリルはほとんど使用しません。代わりに極細のリーマーという器具を使い穴をあけ、OAM器具を使い内側から広げていく方法となります。

骨を削る方法と比べて、骨が少ない方でも治療ができるのはもちろん、穴を広げる過程で骨の密度が増し強度が高まる効果も期待できます。

また、ドリルを使用しないため神経や血管を傷つけるリスクも減らすことができます。

OAMインプラントの流れ1

インプラント埋入位置に直径 0.3mmの極細のドリルで印をつけます。

目印としてつけるだけですので、通常のドリルの様な負担はありません。

OAMインプラントの流れ2

歯の根の治療に使うファイルという器具で、所定の深さまで骨に穴を開けます。

手で穴を開けていきますので音も振動もありません。

麻酔も効いていますので痛みも不快感もありません。

OAMインプラントの流れ2

OAMキットという専用器具を使用し、穴を少しづつ拡大していきます。

直径 0.5→0.7→0.9→1.2→1.4→1.6と先端が段々太いものを穴にいれて拡大していきます。この際骨密度が上がっていきます。

OAMインプラントの流れ2

OAM拡大を続けて、インプラントの太さまで開けたら終了です。

OAMインプラントの流れ2

OAMインプラントを埋め込み、手術完了です。

引用元:札幌インプラント・矯正デンタルクリニック(https://sapporo-implant.com/implant/)

「インプラントができない」と診断された方も是非一度相談してみてください

札幌インプラント矯正デンタルクリニックの玉野 宏一院長より、骨が薄い・少ない方に向けた治療法について紹介していただきました。

これらの治療法は、どの歯科医院でも行っているのではなく、専門の技術と設備が整った歯科医院であることが条件となります。

もし、骨が薄い・足りないためインプラント治療ができないと診断された場合でも、今回紹介した札幌インプラント矯正デンタルクリニックさんのように専門の治療を行っている歯科医院に相談してみることをお勧めします。

インプラント治療は失った歯を取り戻すだけでなく、笑顔や生活も豊かにしてくれる治療でもあります。

この記事が少しでもそういった方たちを増やす手助けになれば幸いです。

玉野 宏一医師が院長を務める
札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック
所在地 北海道札幌市中央区南19条西14丁目1-20ライオンズマンション伏見公園
診療時間 月・水・金 10:00~13:00/14:30~19:00
火 10:00~13:00/14:30~18:00
土 10:00~13:00/14:30~17:00
休診日 木・日・祝
電話番号 011-520-3123
公式サイトで
インプラント治療について詳しく見る
電話で問い合わせる
(011-520-3123)

関連ページ

当サイトが定める「名医」の定義について
このサイトにおける名医表記はあくまで、当サイトが定めた定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。
札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
はじめてのインプラントQ&A
【PR】インプラントができないと診断された方必見!医師が教える専門技術
運営者情報