サイトマップ
札幌のインプラント名医3選
BEST1

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野宏一 院長

札幌インプラント・矯正デンタルクリニックの
公式サイトをチェック
BEST2

マロ・クリニック

マロ・クリニック_キャプチャ

木村洋子 院長

マロ・クリニックの
公式サイトをチェック
BEST3

FC24 デンタルストア

FC24デンタルストア_キャプチャ

館山佳季 院長

FC24 デンタルストアの
公式サイトをチェック
TOP » 札幌のインプラント情報館 » インプラントとその他の治療方法の違い

インプラントとその他の治療方法の違い

歯の治療を検討している人の中には、インプラントという治療を考えている人もいるのではないでしょうか。インプラントとは簡単に言うと、歯が抜けるなどして、無くなってしまったところに人工の歯を埋め込むという治療です。そうすることで、自分の歯でものを噛んでいるかのような感覚で食事を楽しむことができます。

無くなった空間に歯を埋め込む方法として、他にも差し歯や入れ歯などもありますが、それらとインプラントはどのような違いがあるのでしょうか。これからインプラント治療を検討している人のために、ここでは、それぞれの治療方法との違いやメリットとデメリットをご紹介していきます。

従来の治療法について

失ってしまった歯、または治療のために抜いた歯に適用する方法が、元に歯があったところに義歯をかぶせる治療です。代表的な方法は義歯、すなわち入れ歯で補う治療、ブリッジ、差し歯のこの3つです。ここでは、それぞれの3つの治療方法をより詳しく解説していきます。

義歯(入れ歯)の治療内容

歯を抜いた部分で義歯で補う方法です。歯の根元にかぶせる形でプラスチック製や金属などでできた歯をかぶせます。取り外しが可能な点が入れ歯の特徴です。歯の状態によっては、部分的に歯を補う局部床入れ歯、すべての歯を支える全部床入れ歯、とあります。

差し歯の治療内容

差し歯とは、歯の根となる部分に金属などでできた土台を当てて、歯の代わりとなるものを上からかぶせる、という治療内容です。こちらの土台は、専用の接着剤などで固定されるため、入れ歯のように取り外しができないのが特徴です。

ブリッジの治療内容

歯を失ってしまった箇所の両隣にある左右の歯を土台にし、まるで橋をかけるような形で人工の歯を入れる治療のことをブリッジと言います。治療時には、健康な左右の歯を削り、金属の冠をかぶせます。ブリッジと接着ブリッジの2種類があり、接着ブリッジは普通のブリッジに比べ、土台となる左右の歯を削る量が少ないため、健康な歯の負担を少し抑えられます。他の歯への影響が少ないので、歯の神経を取りたくない、他の歯を痛めたくないと思っている人にとっては、精神的にも楽な治療法です。

参考:治療方法について:公益社団法人 東京都歯科医師会

各治療方法とインプラントとの違い

歯を失った場合の代表的に治療方法に、義歯、差し歯、ブリッジなどがあることが理解できたと思います。ここでは、それらの治療方法がインプラントどのように異なるのか、詳しく説明していきます。

入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの違いは、入れ歯は取り外しが可能なもので、インプラントは差し込むので取り外しができないもの、となります。インプラントの治療方法がまだ出ていない頃は、入れ歯での治療法で部分入れ歯や総入れ歯がメインでした。しかし、入れ歯の場合は、金具で装着するものがほとんどのため、見た目が悪かったり、食べ物を食べる時に金具が当たって痛かったりと、不便なことが多いとされていました。また、毎日装着することにより、金具が他の歯にあたり、健康な歯でさえもトラブルになるというケースが起きることもあります。

インプラントの場合は、埋め込む治療のため取り外しを行うこともなく、一度つけたらつけ続けるという点では、他の歯に当たるなどのトラブルも起きずらいとされているのも、違いの一つではないでしょうか。

差し歯とインプラントの違い

差し歯とインプラントとの違いは、歯の土台となる深い歯の根元や歯の一部が残っているか否かに違いがあります。差し歯の場合は、土台となる根元が残っていなければ、そもそも治療ができません。残っている歯の根元や歯の一部に、人工歯を固定して被せるという治療を行うためです。歯が抜けた状態が、歯の根元や歯の一部が残っていない場合はインプラントを行うことになります。また、たとえ歯の根元や一部が残っている状態でも、歯が抜けたのちにそのまま放置していると、約1ヶ月程度で残っている部分が抜けたり、弱ったりしてしまい穴が空いたままの状態になることもあります。そういった場合は、差し歯での治療はできず、インプラント治療を行うことになります。

また、公的な医療保険を使用できるのは差し歯ですが、インプラントの場合は自由診療としている病院もあります。中には保険を適用している病院もありますので、確認が必要です。

ブリッジとインプラントの違い

ブリッジとインプラントの治療の違いは、治療の速さと、他の歯への影響度合いです。ブリッジの治療期間の速さはインプラントに比べ、早いので通院が面倒にならないことが利点です。ブリッジの治療法は前述した通り、抜いた歯の左右の歯を土台にし、真ん中に人工歯を埋める治療内容のため、健康である左右の歯を痛めてしまう可能性があります。また、両隣の歯の削る量は1本に対し40から70%と言われており、非常に多くの量を削ることになり、支えることと削ることの両方の負担を与えてしまいがちです。インプラントの場合は、他の歯を削るなどを行う必要はなく、負担はありませんが、治療時間は長くかかります。

ブリッジとインプラントでの治療価格の違いもあります。ブリッジの治療は、保険が適用されるケースが多いため、安価な価格で治療ができますが、インプラントの場合は保険適用外になることもあり、ブリッジの治療よりは高くつく傾向にあります。

インプラント治療のメリットとデメリット

各治療方法とインプラント治療の違いについて説明してきましたが、ではインプラント治療を行う上での良し悪しはどういったものがあるのでしょうか。ここでは、インプラントのメリットとデメリットを説明していきます。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリットは以下です。

周りの歯への影響

  • 周りの健康な歯を削るなどを行わない治療なので、ダメージを与えない。
  • 失った歯の本数が多くても治療が可能。歯が0本の場合でも歯の骨が健康な場合は治療が可能。

見た目や感触

  • 接着する箇所がないため、金属の接合部などが見えないためコンプレックスを持つことがない。治療箇所が綺麗に仕上がるため、歯が綺麗に見える。
  • 入れ歯やブリッジのように、他の歯に当たり痛いということが発生しない。
  • 自分の歯と同じような感覚で食べ物を食べることができるので、食べ物の味や感触がよくわかるようになる。

その他の良い点

  • 硬いものを咀嚼しやすくなる。
  • 発音がうまくできないなどの苦労がなくなる。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療のデメリットは以下です。

価格

  • 保険が適用されないケースが高いので、他の治療よりも高価(欠損状態にもよる)。
  • 治療本数や治療する箇所により、費用が変動する。

治療期間

  • 手術が必要になるため、治療期間が長い。
  • 治療を開始してから、実際に噛めるようになるまでの期間が他の治療と比較して長い。

その他のデメリット

  • 糖尿病などにかかっている患者は、インプラント治療ができない場合もある。
札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
インプラントの名医の見分け方
はじめてのインプラントQ&A