サイトマップ
札幌のインプラント名医3選
BEST1

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野宏一 院長

札幌インプラント・矯正デンタルクリニックの
公式サイトをチェック
BEST2

マロ・クリニック

マロ・クリニック_キャプチャ

木村洋子 院長

マロ・クリニックの
公式サイトをチェック
BEST3

FC24 デンタルストア

FC24デンタルストア_キャプチャ

館山佳季 院長

FC24 デンタルストアの
公式サイトをチェック

インプラントと天然歯の違いとは?

高い機能を持ち、見た目もごく自然で天然歯との違いが少ないような印象があるインプラント。入れ歯やブリッジなどと比較しても優れた点を多く持つ治療法です。このページでは、インプラントと天然歯の違いを紹介しています。

天然歯(てんねんは)は、文字通り、天然に生えている歯のこと。歯科用語では、人の手で作られるインプラント(人工歯)と区別して、天然歯と言われています。

天然歯の特徴

インプラントとの違いを把握しやすくするために、天然歯との違いを大きく2つにまとめました。

歯根膜を持つ天然歯

天然の歯の特徴としておさえておきたいのが、「天然歯には歯根膜がある」という点です。歯と骨の間に存在しているため、クッションのような役割を担っています。

さらに、歯根膜には知覚神経が通っているため、力が加わると、その力の大きさを感知することが可能です。過度に力がかかった場合は、そのことを感じられるので、危険を避けられます。

高い抵抗力

歯肉・骨・歯根膜の全てから血液が供給される仕組みになっているので、細菌と戦ってくれる成分である「好中球」が存在します。そのため、歯と歯肉の間にある溝に細菌がたまってしまっても、それを排除してくれるのです。

インプラントの特徴

歯根膜を持たないインプラント

インプラントには歯根膜がありません。そのため、クッションとしての働きがないだけでなく、知覚神経も存在しない状態です。もし無理な力がかかっても、気付きにくくなっています。

食べ物を咀嚼する際にかける力などはコントロールできたとしても、歯ぎしりなどは、睡眠中にしてしまうクセであるため、コントロールがききにくくなります。歯ぎしりを続けると、噛み合わせが大きく変化してしまう原因になってしまうため、インプラントに負担がかかる可能性が高くなります。そのため、歯ぎしりをする癖や強く噛みしめる癖がある人は、インプラントを傷める前に、早めに歯科医に相談するのがおすすめです。

抵抗力に問題点

天然歯の場合は、歯肉・骨・歯根膜の3方向から血液供給が行われていますが、インプラントの場合は歯肉と骨の2方向からのみ。そのため、歯肉と歯の間の溝に細菌が入ったときの抵抗力も、おのずと低くなります。炎症が進んでも、自覚症状がない場合が多くあります。

天然の歯はとても貴重

天然の歯は、自然に発生し形成される「生体の器官」であるため、異物への抵抗力の高さや刺激への敏感になるので、非常にすぐれています。もちろん、インプラントは他の治療と比較すると、体への親和性が高く、すぐれた治療法だといえるでしょう。

札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
インプラントの名医の見分け方
はじめてのインプラントQ&A