サイトマップ
札幌のインプラント名医3選
BEST1

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野宏一 院長

札幌インプラント・矯正デンタルクリニックの
公式サイトをチェック
BEST2

マロ・クリニック

マロ・クリニック_キャプチャ

木村洋子 院長

マロ・クリニックの
公式サイトをチェック
BEST3

FC24 デンタルストア

FC24デンタルストア_キャプチャ

館山佳季 院長

FC24 デンタルストアの
公式サイトをチェック
札幌のインプラント歯科おすすめガイド_TOP » はじめてのインプラントQ&A » インプラントの寿命と長く使うためのポイント

インプラントの寿命と長く使うためのポイント

このページでは、インプラントの寿命と少しでも長く機能させるために役立つ知識をご紹介。寿命を縮めてしまう原因や、寿命を伸ばすためにできるケアなどを説明しています。

インプラントの寿命の目安は10年程度

インプラントの寿命に関しては「埋入後10年経過したときの生存率が9割」とされています。また、インプラントが正しく機能を果たしている期間の目安は、およそ10年~15年程度です。

インプラントを長く使い続けるためのポイント

決して安いとはいえない費用をかけて埋入するインプラントを、少しでも長持ちさせるために押さえておくべきポイントは大きく3つ。ひとつずつ解説していきます。

ポイント1. 寿命を決める要因を知る

インプラントメーカー

埋入後10年経過時の生存率が90%といわれているインプラントですが、「どのインプラントメーカーを使用しているか」という要因も無視できません。世界有数のメーカーを用いたインプラント治療の臨床研究によると、同条件で98.8%という数字が報告されています。インプラントメーカーを知っている方は多くないかと思うので、施術前には担当の医師にメーカーについて聞いてみると良いでしょう。

歯科医師の技術

インプラント治療を担当する医師の腕も大きな要因のひとつです。事前の検査が精密で、かつインプラント埋入技術が確かな歯科医師に依頼するこが大切です。そのためにも、公式ホームページなどでクリニックの設備や医師の情報を確認しておきましょう。

口内環境

埋入手術がうまくいっても、インプラントが長持ちするとは限りません。口に関するあらゆるトラブルが、インプラントの寿命を縮めてしまう要因となりえます。日頃の口内ケアを怠らないようにしましょう。

ポイント2. 寿命を縮めてしまう口内トラブルを知る

噛む力の強さやクセ

食べ物を強く噛みすぎるクセのある人は注意が必要です。インプラントと被せ物をつなぐアパットメントなどがダメージを受け、緩んだり破折したりするトラブルを引き起こす可能性が上がります。また、無意識に歯を噛みしめるクセや、眠っている間の歯ぎしりも問題です。

インプラント周囲粘膜炎

インプラントと歯茎の間に歯垢が蓄積するなど、不衛生な口内環境は歯周組織に炎症を発生させる原因になります。また、炎症が骨にまで広がると「インプラント周囲炎」の状態になり、骨が溶けてしまいます。

ポイント3. インプラントケアの重要性を知る

歯科医院でのメンテナンス

定期的な検診を受けて、口内の状態を正常に保つよう努めましょう。歯科医院での検診では、虫歯や歯周病、噛み合わせの不具合などがチェックされますが、検診の回数は患者さんごとに異なります。歯ぎしりや強く噛みしめるクセなどの問題を抱えている人は、マウスピースの装着についても相談しておきましょう。

また、歯科医院での定期検診が大切なのは、インプラントの寿命を伸ばすためだけではありません。インプラントの不具合・故障など、万一のトラブルが起きた際、保証を受けるための必須条件としても重要です。

セルフケア

歯科医師や歯科衛生士が指導してくれる、日頃のお手入れ方法をしっかりと実践しましょう。健康的な食生活や毎日の正しいブラッシングが、インプラントの寿命を伸ばすことにつながります。

札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
インプラントの名医の見分け方
はじめてのインプラントQ&A