サイトマップ
札幌のインプラント名医3選
BEST1

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野宏一 院長

札幌インプラント・矯正デンタルクリニックの
公式サイトをチェック
BEST2

マロ・クリニック

マロ・クリニック_キャプチャ

木村洋子 院長

マロ・クリニックの
公式サイトをチェック
BEST3

FC24 デンタルストア

FC24デンタルストア_キャプチャ

館山佳季 院長

FC24 デンタルストアの
公式サイトをチェック
TOP » はじめてのインプラントQ&A

はじめてのインプラントQ&A

ここでは、はじめてインプラント治療を受けられる方、受けようと思っている方によくある質問をQ&A方式にまとめてみました。治療前の予備知識として、ぜひ頭に入れておいて下さいね。

インプラントに関する疑問はここで解決

そもそも、インプラントって何?

インプラント治療とは、虫歯・歯周病や事故などが原因で失ってしまった歯のかわりに、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人口歯をかぶせる施術方法。人工歯根を骨に埋め込み結合させるので、モノを噛んでも違和感がなく、自分の歯のように感じることができます。

インプラントの構造とは?

インプラントの構造は、大きく2つに分かれています。顎の骨に埋め込む部分を「インプラント体」、インプラント体と義歯をつなぐ部分を「アバットメント」と言います。インプラントの多くは、純チタンやチタン合金でできています。

ブリッジや入れ歯との違いは?

失った歯のかわりになる治療法としては、ブリッジや入れ歯も有名ですね。どちらも保険適用になる場合が多く、予算面ではインプラントより勝っていると言えます。ただし、ブリッジの場合、歯冠を装着するために、健康な両隣の歯まで削る必要があります。また入れ歯の場合は、人によっては違和感を感じたり、取り外しのケアが大変だと思うかもしれません。

治療にかかる期間はどのぐらい?

インプラント治療の大まかな流れは、以下の通りです(2回法の場合)。

  • 【手術1回目】
    1、歯茎の中にインプラントを埋め込む
    2、人工歯根と骨が結合するのを待つ(約3~6ヶ月)
  • 【手術2回目】
    1、アバットメントを装着する
    2、約1~6週間後、最終的な歯の形を決め、人工歯をかぶせる

上記のように、様々なステップを踏んでいくため、インプラント治療が終了するまでには、早くても3ヶ月~10ヶ月ぐらいはかかるのが普通です。なお、骨の量が十分にある人などは、手術が1回で済むケースもあります。

インプラント治療は痛い?

局所麻酔をしてから手術を行うので、痛みの心配はありません。痛みへの不安が大きい人向けに、静脈内鎮静法の麻酔を用意しているクリニックもあります。個人差はありますが、手術後、腫れや痛みを数日感じることもあります。

歯周病の人はインプラント治療できるの?

歯周病は酷くなると、歯の土台となる骨を溶かしかねません。土台がないとインプラント治療ができなくなります。歯周病が気になる方は必ず確認しましょう。

インプラントの寿命はどのくらい?長く使い続ける方法はあるの?

インプラントの寿命は約10年程度。少しでも長く使い続けるためには、正常な口内状態をキープすることが大原則です。そのために抑えておくべきポイントを3つにまとめました。しっかりと理解・実践して、インプラントをできる限り長く機能させましょう。

インプラントの寿命や長く使い続けるための方法を詳しく知る

インプラント治療後の注意点について

手術直後の注意点は?

手術直後は、手術部位に刺激を与えないように細心の注意を払う必要があります。うがいをするときも、やさしく口に水を含んでそっと吐き出すようにしてください。いつも通りに口の中でブクブクするのは厳禁です。くれぐれもかさぶたが剥がれたりしないように注意しましょう。

麻酔が効いている間の注意点は?

インプラント手術をするときには麻酔をかけますが、その効果は術後1~2時間ほどで切れてしまいます。麻酔が効いている間は感覚がないため口の中を噛んでしまいがちですが、麻酔が切れると一気に痛みを感じます。口の中を噛んで傷をつけないように十分に注意してください。

薬の服用に関する注意点は?

医師に処方された薬は、必ず正しい用法・用量で飲むようにしてください。痛みが気にならないときには痛み止めを飲むのを忘れてしまいがちですが、炎症作用を期待して痛み止めを処方する場合もあります。もらった痛み止めをすべて飲み切るべきか、あらかじめ医師か薬剤師に確認するようにしましょう。なお、痛み止めが頓服薬の場合は手術部位が痛むときのみの服用で問題ありません。

食事についての注意点は?

インプラント手術のときには、切開した歯肉を糸で縫合します。しかし、食事のときに注意を怠ると傷口が開いてしまうことがあります。傷口が開いてしまうとインプラント失敗の原因になるだけではなく、感染症につながる可能性もあります。インプラント手術後しばらくは、気を付けて食事をするようにしましょう。
手術後2~3日後までは、噛む必要がないものを中心に食べましょう。例えば味噌汁やスープ、ヨーグルト、豆腐などです。味噌汁やスープを飲むときには、熱くし過ぎないように注意してください。また、辛いものや固いもの、アルコールなども避けるようにしましょう。

歯磨きについての注意点は?

インプラント手術後は、口腔内を清潔な状態に保つことが大切です。清掃を怠って口の中の雑菌が増えてしまうと、その雑菌が傷口から入り込んで感染症にかかってしまう可能性があるからです。傷口に触れないように気を付けながら、ゆっくりと丁寧に歯磨きを行ってください。また、うがい液を使ってのうがいも忘れないようにしましょう。
なお、手術を受けた歯科医院から手術部位を磨くための柔らかい歯ブラシを渡されることがあります。その場合は、しっかり使い方を守って歯磨きをするようにしてください。

入浴についての注意点は?

インプラント手術の後は、基本的に全身の血行を促す行為はNGです。なぜなら、血行が良くなることにより傷口から出血してしまう可能性があるためです。そのため、手術後の入浴は好ましくありません。最低でも2~3日ほどは入浴を避け、短時間のシャワーで済ませるようにしてください。

運動についての注意点は?

前述したように、インプラント手術後は血行が促進するのを避けなければいけません。そのため、インプラント手術の後は運動はしないようにしましょう。激しい運動はもちろんのこと、軽い運動も控えてください。手術後2~3日は、基本的には安静にしなければいけないと考えましょう。
手術から3日以上たっていれば、運動することは可能です。とはいえ、運動することが好ましいわけではありません。心配な場合は、医師に相談して指示を仰ぐようにしてください。

仕事についての注意点は?

インプラント手術の翌日から仕事をしても、基本的には問題ありません。しかし、活動量が多い仕事の場合は注意が必要です。身体を動かす仕事をしているという人は、可能であれば仕事を休むことをおすすめします。

手術後にタバコを吸っても大丈夫?

インプラント手術後のタバコはNGです。喫煙は骨形成を阻害するため、埋め込んだインプラントが定着するのを妨げてしまいます。インプラントを成功させるためにも、インプラントが骨としっかりと結合するまでは禁煙するようにしてください。また喫煙はそもそも身体に良いものではないので、これをきっかけに禁煙するのもおすすめですよ。

手術後に旅行に行くのはOK?

インプラント手術後は、最低でも2週間ほどは旅行を控えてください。手術が終わった後も、消毒や抜歯などの処置のために通院する必要があります。また、傷口が開いたときなど万が一ハプニングが起こったときに病院に行けなくては大変です。旅行はインプラントがきちんと定着してから行くことをおすすめします。

生活の中で注意するべきことは?

施術した部位が気になってつい舌や手で触ってしまいがちですが、傷口をいじると治り悪くなってしまいます。できるだけ傷口には触れないようにしましょう。また、食いしばりをすると手術部位に大きな負荷がかかります。食いしばりの癖がある人は意識して直すようにしてください。寝ているときに歯ぎしりをする癖があるという人は、あらかじめ医師に相談することをおすすめします。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、インプラントにした歯が歯周病にかかってしまう状態。ここでは、インプラント周囲炎のリスクや症状、対策についてに紹介しています。家でできる対策も紹介しているので気になる人はチェックしてみてください。

>>札幌のインプラントクリニックTOP5はこちら

インプラント治療を受けられない場合

インプラント治療は歯茎を切り開き、あごの骨に人工歯根を埋め込む外科手術です。そのため、高血圧症や糖尿病、心疾患、肝臓病、腎臓病、その他患者の状況によってはインプラント治療を受けることができない場合があります。

また、医院によってはインプラント治療前に必ず検査している場合もあり、本人が自覚していなくても検査結果に異常値が見られ、治療リスクが高くなっている可能性もあります。日本口腔インプラント学会で発表された論文によると、インプラント治療者178名のうち、疾患を持っていないと答えたうちの75名、約60%が手術前検査において異常値を示したというケースもあります。

妊娠中の場合

妊娠中は妊娠期間によってはインプラント治療を受けること自体は可能ですが、治療の際のリスクが通常より大きくなるため、おすすめされていません。また、医院によっては妊娠中のインプラント治療は断られることもあります。具体的には以下のような危険性が考えられます。

  • レントゲン撮影が必要となるため、胎児に影響する可能性がある
  • つわりなどを考えると長時間口を開けたままの状態は母親の体に負担がかかる
  • おなかが膨らんでいる状態で仰向けの姿勢を続けると大動脈が圧迫され体調を崩す恐れがある
  • 治療中に出血量が多くなると早産の危険性が高まる
  • 麻酔や抗生物質、鎮静剤などを服用する場合、胎児に影響を与える可能性がある

糖尿病の方の場合

糖尿病を患っている場合、多くの医院ではインプラント治療を行うことができません。というのも、糖尿病は血液の循環が悪くなるため傷の治りが遅く、免疫力の低下によって感染症を引き起こしやすくなるからです。また、治療中はストレスによって血糖値が変化しやすくなるため、高血糖・低血糖状態に陥るリスクも高くなります。

心臓病の方の場合

心臓病を持っている場合、治療中に発作を起こす可能性があります。しかし、症状によってインプラント治療を受けられるか変わってくるため、前もって主治医に相談しなければなりません。なかでも、発作回数が増えてきた心筋梗塞や狭心症を患っている方はリスクが高いため手術を行うのは難しいです。また、僧帽弁置換術を行った方やペースメーカーを入れている方も治療中の出血により感染性心内膜炎になる可能性があるため、インプラント治療を受けることはできません。

高血圧の方の場合

医師の診断を受けており、通院や薬によって病状をコントロールしている方はインプラント治療を受けることができます。しかし、合併症による脳出血や脳梗塞などを引き起こす可能性があるため、必ず主治医に治療可能かどうか相談する必要があります。

肝臓病の方の場合

重度の肝臓病の場合、肝機能障害によって出血が止まらない可能性があるため、インプラント治療は難しいです。また、利用する薬剤によっては肝機能をさらに低下させてしまう恐れがあるため、病状が軽い場合であっても医師に相談して決定しなければなりません。

腎疾患の方の場合

重度の腎疾患や透析治療などを受けている方は免疫力の低下によって傷が治りにくい、出血が止まらない、骨の状態が脆いといった可能性があるため、インプラント治療を行うことは難しいです。インプラントはあごの骨と接着させることで安定させますが、腎疾患の場合は結合がうまく行われないというリスクがあります。

骨粗鬆症の方の場合

骨粗鬆症は服用する薬の種類によってはインプラント治療を行うことができません。特に、ビスフォスフォネート系と呼ばれる薬剤を使用していた場合は外科手術によって骨が壊死する可能性があります。ただし、薬の種類や服用時期によっては治療可能なケースもあるため、主治医への相談が必須となります。

癌治療中の場合

過去にがん治療の一環として、あごの骨に放射線を照射したことがある方は骨の治癒力が低下しているため、インプラント治療を受けることができない可能性があります。ただし、治療期間や患者の状態によっては治療可能と判断されることもあるため、医師と相談しながら決定していきましょう。

70歳以上の高齢者の場合

インプラント治療に年齢制限などはありませんが、高齢になると傷の治りが遅く、全身合併症を引き起こすリスクが高くなります。多種類の薬剤を服用している場合は、治療後に処方できる薬剤も限られるため、医師との十分な相互確認が必要となります。

特に、70歳以上ともなると、たとえ持病を持っていない健康体であっても医院によってはインプラント治療を断られることがあります。

札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
インプラントの名医の見分け方
はじめてのインプラントQ&A