サイトマップ
札幌のインプラント名医3選
BEST1

札幌インプラント・矯正デンタルクリニック

札幌インプラント矯正デンタルクリニック_キャプチャ

玉野宏一 院長

札幌インプラント・矯正デンタルクリニックの
公式サイトをチェック
BEST2

マロ・クリニック

マロ・クリニック_キャプチャ

木村洋子 院長

マロ・クリニックの
公式サイトをチェック
BEST3

FC24 デンタルストア

FC24デンタルストア_キャプチャ

館山佳季 院長

FC24 デンタルストアの
公式サイトをチェック
TOP » 歯周病とインプラントの関係

歯周病とインプラントの関係

歯を支えている顎の骨が細菌によって破壊される、歯周病。現在、40代以上の日本人の大半は歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の人はインプラント治療ができるのか

そのままの状態でインプラント治療をしても、残念ながら思うような結果は高確率で得られません。手術中に感染する危険があるほか、無事手術が終了しても抜け落ちてしまうリスクも考えられます。残っている歯が歯周病のままだとインプラントが常に歯周病菌にさらされるため、骨と結合しにくくなってしまうのです。インプラントは虫歯にはなりませんが細菌に弱いので、もし結合したとしても歯周病菌による影響はずっとつきまといます。天然歯の歯周病であれば病原菌を取り除くと健康な状態へ戻りますが、インプラントは体にとって異物のためインプラン付近に歯垢が溜まって炎症が起きると異物反応も起きてしまうのです。天然歯のとき以上に、日々のケアが大切になってきます。

また、そもそも歯周病が原因で歯を失ってしまっていた場合は、歯を支える骨が溶けてしまいインプラント治療に必要な幅・高さ・量に達していないことがほとんど。そのような状態で手術を行っても、噛む力に耐えられなかったり見た目が不自然になったりと多くの問題が生じます。ただし、顎の骨が少ないから手術が不可能というわけではありません。口の状態に合わせて「サイナスリフト」・「ソケットリフト」・「スプリットクレスト」・「GBR」・「ボーングラフト」など骨を増やす手術をすれば、可能になる場合があります。

インプラント治療をしたい場合は、まず歯周病の治療をまず徹底的に行う必要があります。重度の歯周病患者さんであっても、適切な歯周病対策をすることでインプラント治療は可能です。残っている自分の歯を守り、インプラントを長持ちさせるためにも術後のケアはしっかり行いましょう。

インプラント経験者の口コミ

・歯周病の影響で歯がボロボロになり、人前で口を開けるのが嫌でした。インプラントにしてからは見違えるほど歯並びが良くなり、初対面の人に歯を褒められました。

>>札幌のインプラントクリニック5選はこちら

札幌市にあるインプラント歯科一覧
インプラント手術体験談・札幌編
札幌のインプラント情報館
歯周病とインプラントの関係
インプラント治療方法の種類
インプラントの名医の見分け方
はじめてのインプラントQ&A